ギリシャ危機は世界バブルを誘発?

浜口です。

今日の日経ヴェリタスの中の藤田シティグループ証券副会長の寄稿記事は興味深い。写真、特にラインマーカーを引いてあたりがポイント。本文も含め、重要なところを下記に。

image

・歴史を振り返ると、世界的な危機の後には必ずバブルが起きている。好景気と低インフレ・低金利の3つが同時に揃えば、バブルが発生する。ギリシャ危機が長引けば世界の金融緩和が続き、バブルは発生しやすくなる。

・(中略)世界最強の国際競争力を持つドイツと、観光や造船以外に目立った産業がないギリシャは、経済の実力に大きな格差がある。これほどまでに格差がある2つの国が14年間もの間、共通通貨を維持できたこと自体奇跡的とも言える。ギリシャがユーロに残っても離脱しても、この問題は長期化しそうだ。

・(中略)仮にギリシャ問題が長引き一般の予想ほど米金利が上がらなければ、世界的に超金融緩和が続くことになる。これは好景気と低インフレ・低金利が同時に起こると言う、過去のバブル発生のパターンと同じだ。

藤田氏は明確には書いていないけれども、今後、どっちみち最終的にはバブルに突入すると考えていると、当方には読み取れる。当方もこの意見には、基本、賛同できる。まあ詳しくは、みなさん自身で日経ヴェリタスを購入し、みなさん自身の氏の意見の受け止め方をしていただきたいが・・・

世界同時株高にはならないんだろうが、足元で超金融緩和を続けながら景気が良くなっている日本は、バブルに発展する可能性は他の先進国比、高いんだろうなぁ。個人的にはそう思い、楽しみにしてますけどね。

どうなるか…以上、ポジショントークですので、その点はご注意ください。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)