アメリカの利上げは、早くて来年3月?

浜口です。

先週金曜日、野村證券の機関投資家向け米国セミナーに行ってきました。野村NYの日本人のエコノミストがプレゼンしていましたが、野村NYでは、米国の利上げは年内なんて、とてもじゃないができない。早くても来年の3月以降と言う見解でしたね。

当方、資料をオフィスに忘れてきてしまったので、現状、明確な理由を書くことができないんですが、要は米国の製造業の景気がここからスローダウンすると言うのが主な理由だったと思います。もしここからドル安が進み、あるいは新興国景気が悪化すれば、アメリカ経済は、ここから悪影響を受けると。

野村の見通しが正しいとすると、米国市場はどうなるのか。NY株価は強いですね。金融相場の継続で堅調とみるべきか、景気のスローダウンで下落に転じるとみるべきか。前者なのか・・と、そもそも、この見通しが当たるのか外れるのか。

でもエコノミスト氏の、FOMCの考え方と、野村NYによるアメリカのあらゆる経済指標見通しを総合的に判断すると、その結論にしかなり得ないとの説明をしていたのが印象的でした。

さぁどうなるか。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)