「郵政上場と緩和長期化。バブル前に似る光景」というが・・・

浜口です。

昨日の日経新聞・電子版に、ソソられる見出しの記事がありましたね。「郵政上場と緩和長期化。バブル前に似る光景」と。注目されたコメントは下記。

■1987年のデジャブ(既視感)

それにしても、株価急落と底入れ、元国営企業の民営化、緩和の長期化、原油安、財政出動というキーワードはデジャブ(既視感)を呼び起こす。1987年だ。
バブル前、87年10月19日のブラックマンデーと、今年ドル円が一時1ドル=116円まで上昇した8月24日が横軸の日付で重なるようにグラフ化した。奇妙なほど似た動きだ。
image
まあ・・・確かにチャートは、見事に重なる。書かれている記事の内容については、ブラックマンデーと今回のチャイナショックを同じようにとらえて良いのか?等、違和感を感じる部分もなくはないが、確かに共通点は多い。

この方の言われていることを、基本的には支持したい。が、同時にこれは、当方のポジショントークでもあるので、話半分に。そんなところですかね。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)