3月に利上げがある場合、破局シナリオの扉が開くとの見方・・・

浜口です。株式市場の地合いが良くないですね。

三菱UFJモルガンスタンレー証券のストラテジスト、藤戸さんの直近のレポートに、ちょっと驚かされたものがありました。紹介させてもらいます。

image

写真の黄色のマーカーのところにご注目を。「FRBが3月利上げを強行した場合には、破局シナリオの扉が開くことになろう」と書いてあるの、わかりますか?

このグラフの赤線にご注目ください。Ff金利先物3月限から逆算した3月の利上げ確率は、わずか14%とのこと。マーケットの解釈は、年内は利上げがあっても1回だけ。そんなシナリオを織り込んでいる。一方でFRBは今のところ、玉虫色の見解を示してますが、年4回の利上げの可能性を排除していない。

もし3月に利上げがあった場合、どうなるか。藤戸さんは、「中央銀行には逆らえない。やっぱり年4回、利上げしていくんだろうなぁ」と、市場が素直に納得する展開をしているわけでは、ないようなんですね。

市場のコンセンサスに逆らい3月にも利上げ。利上げは年4回。そんなイメージを持たせると、マーケットはものすごいリスクオフになって、破局シナリオの扉が開くことになる。そういう解釈のようなんですね。

まあ、レポートを通して読むと、そんなに弱気でもない。あくまでリスクシナリオについて言及しているだけ。そう警告しているだけ。そう理解したいところですが・・・どうなるか。

それにしても・・イエレンさんにもこのレポート、読んでもらいたいもんだなぁ。そして十分、用心してもらいたい。そんな気がした。いずれにせよ、あまりいい気持ちがするレポートでは無かったな。なんといっても、破局シナリオですからね。穏やかでは、ないって・・・

取り留めがなくなりました。この辺で・・・・

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)