マイナス金利のしわ寄せが銀行に…

浜口です。

日銀はマイナス金利を導入しました。市中銀行が日銀の当座預金に積んである、多額の資金を動かすことを意図したんでしょう。が、あらためて考えると、やっぱりこれは、銀行には辛いですね。

銀行は貸し出しを増やせれば一番いいんだが、ハードルが高い。全体として見れば、企業の内部留保は足元で、大企業中小企業問わず、史上空前の高水準。要は資金に関しては、企業は満腹状態。歴史的ともいえるほどに、企業は余剰資金を抱えているということ。これじゃ一般論から言って、追加的な貸し出しのニーズは、極めて低いですよね。難しいだろうなぁ。

となると資金を国債で運用できればいいんだが、マイナス金利導入の影響で金利は急低下。足元で国債の利回りは8年以内の期間のものは全てマイナス。買う物がなくなってきてるって。やっぱり難しい。

マイナス金利のしわ寄せが、全部銀行に来ている。これで追加金融緩和でマイナス金利をさらに拡大されると、銀行はさらに厳しいことに。この辺は黒田総裁はどう考えているんだろうか。

政府主導で、内部留保を一定以上の比率積み上げている企業に対し、吐き出させる政策を取るという手もある。具体的には、賃上げや自社株買い、増配を半ば強制的にさせるようなイメージ。この政策は結構、景気にも株式市場にも好影響を与えるように思われるが。まあ・・・難しいかな。

う~む。なんだか、難しいことばかりだな。取り留めがなくなりました。この辺で。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)