清水建設が決算発表。一安心。業績見通し、控えめ過ぎではなかった。

浜口です。

スーパーゼネコンの先陣を切って(?)、今日午後1時ごろ、清水建設の決算発表がありましたね。

2017年3月期の営業利益見通しは前年比0.7 %減の940億円。一方で当期利益段階では、約10%増益の見込む。う~む。上出来ではないですか。これは予想以上に、ポジティブだよな。

実は当方、ヒヤヒヤしていました。ゼネコンは期初の業績見通しを控えめに出す常習犯、清水建設は特にその傾向が顕著と、アナリストに脅かされてました。増益見通しを正直に出すと、下請けから苦情が出ますからね。我々のことも考えてくれと。だから期初のゼネコンの業績見通しは、意図的に減益のアナウンスにするケースも多いと。

しかしながら当方、複数のアナリストが、ゼネコンの期初業績見通しを控えめに出す傾向を既に幅広く喧伝してくれているので、株式市場ではある程度想定済みと考えていた。具体的には大和証券の寺岡アナリストは氏のレポートの中で、「前期比▲5~▲10%程度の営業減益計画であれば、株価へのマイナス影響は軽微と考える」との見解を示していた。他のアナリストも、同様のメッセージを発していた。

そんな中での、今回の清水建設の業績見通しに。まずは一安心。現実問題、ここで前期比▲5~▲10%程度の営業減益計画を発表したら、やはりこれは、穏やかではないですからね。

株価もポジティブに反応した。今後については、保守的な見通しの業績が徐々に実態に即したものとなり、増額修正され、その過程で株価も上値追いになるのでは。そう期待するが・・・どうか。今後の展開がちょっと楽しみになってきたなぁ。

大急ぎでこの文章、書きました。とりとめがないかもしれませんが。お許しを。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)