高配当利回り銘柄への資金シフト。起こらないのか?

浜口です。

世界的に金利は低下傾向。日本はというと、 10年国債金利は-0.26% 。一方で日本株には、配当利回りが高いものがごろごろしている。下の写真は、6月28日付大和証券の鈴木シニアクオンツアナリストのレポート、「鈴木通信」にあるリストのほんの1部。 1番右にある数値に注目してください。これが配当利回りの今期予想。ご覧の通りで・・・日本を代表するような企業でも、利回りの高い銘柄のまあ、多いこと多いこと。三井住友FGの配当利回り5.15%って。いったい、なんだ?どうなってるんだろうなあ?

image
こんな中で、債券から株への資金シフトは起こらないのだろうか。まあ1部、低ベータでディフェンシブな、やや成長色のある高配当利回り銘柄には既に過剰なくらい資金シフトが起こっているが、あくまでこれは限定的。結果、買われ過ぎで、バリュエーションも既に高い。

こういった銘柄以外、要はここのリストにあるような高配当利回り銘柄に、資金が回っていないものかなあ。う~む。このまま放置されるとは思わない。何かがきっかけになって、高配当利回りが見直されることになると、当方はそう考えますけどね。

何がきっかけになるかが問題。こればかりは、始まってみないとわからない。相場っていつも、そうですよね。相場に対するアンテナ、常に高く、張ってないとな。

とりとめがなくなりました。この辺で。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)