ここ1週間、政府と日銀が決定した財政金融政策

浜口です。

まぁご案内の通りですが…ここ1週間、日本株をめぐる環境でいくつもの重大な変化というか、政策決定がありましたね。備忘録も兼ねて、整理を。

来月2日に閣議決定する経済対策の内訳。全体の事業規模は 28.1兆円。うち財政措置は13兆円。

日銀の追加緩和は上場投資信託の買い入れを倍増、毎年6兆円にすると。マイナス金利深堀は見送り。

日本株は乱高下しましたが、終わってみれば1週間前とほぼ変わらない水準なのかな。当方出先なので、具体的な数字を取る事はできないが。まぁBrexit前の水準を、取り戻してはいるな。

政策対応は総じて、日本株に優しい、銀行に対して厳しくない。そんな結果と考えて良さそうですね。

為替が円高に振れているせいでしょうね。シカゴの日本株先物は前日比245円安と。月曜日、おそらく安く始まるでしょうが、早速日銀が買いに出てくるだろうからその辺、どうなるか。

夏だからか…お化けが出ると言う人が多くなってきた。いろんな人が、いろんなことを理由に、日本株の下落を心配もしくは期待しているみたいだが…まぁ、その人なりの、お気に入りのポジションをとればいいのでは?と言うことですな。

まあ、当方は自分のペースで行くけどな。そこそこの政策が打たれて、これだけ弱気が多く聞こえてくると言う事は、当方の皮膚感覚とこれまでの経験によれば、日本株は今後、その弱気をあざ笑うが如く上昇という感じもするが…。あくまで感じですけどね。まあ海外要因もあるから……よくわからないと書いておきます。

まぁ日銀が株の買い入れ額を倍増してくれると言うんだから…その辺はありがたいところではありますね。

まぁボチボチやっていきます。

とりとめがなく、クドくもなりました。この辺で。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)