業界の参入障壁が崩れる時・・・お坊さんのお経ビジネス

浜口です。

これは相場には直接は関係ないが、皆さんに得になる話だと思いますんでね。解説を。

当方、先日、ある業種の参入障壁が崩れる状況を目の当たりにしました。冠婚葬祭の葬の部分ですね。

母親が亡くなったので、葬儀を行った。葬儀場と打ち合わせを行い、葬儀、どんな内容にするかを確定する。

そんな中、お坊さんに関連する費用。具体的にはお経を読んでもらうことと、戒名をもらうこと。これが常軌を逸して高額だった。

葬儀場からは、戒名込み75万円のものが適切、というか、当方の父親の戒名と釣りあいが取れているいるとの話があった。加えてお坊さんがお帰りの際、 6,000円前後の夕ご飯弁当をお持ちいただくのが通例とのこと。え?戒名込み75万円って、なんだ?あとそもそも、全く面識がないお坊さんに、なにゆえ夕食をご馳走する必要があるのか?

こんな中、打ち合わせに同席した知り合いが、アマゾン経由で、もっと割安にお坊さんを頼めると言い出した。調べてもらったらなんと、20万円で全く同じサービスが受けられるらしい。で、で、持ち帰り弁当も必要無しと。

当然ながら当方、アマゾンの20万円コースを選びました。葬儀場はこのお坊さんを呼ぶことに対し、あっけなく受け入れてくれましたね。これは少々驚きだったが…葬儀場、これが儲け過ぎビジネスであること、わかる人にはわかるんだということ。理解しているんでしょうね。そこで自分たちのメニューを強要すると、立ち行かなくなることも。

まあ葬儀は万事、こんな状況です。こういう話がネット経由口コミで伝わると、お寺とのしがらみがない場合には早晩、お経読むのに75万円を払う人は皆無になるでしょうな。ちなみにアマゾンの20万円コースのお経と戒名は、この葬儀場の75万円コースと比較して、素人目に遜色は、ありませんでした。当方以前、父親の葬儀、無知ゆえにこの葬儀場の75万円コースで行ってるから、わかるんです。まあ株式投資で言えば・・・無知な状況で75万円で株式を購入し、このたび、20万円コースでナンピン、簿価下げ。こんなイメージでしょうな。

こういう風にして、お葬式と言う切羽詰まった状況の中、理不尽な既存ビジネスは崩れていく。そんなことを実感した次第です。皆さんも同じ境遇になったら、葬儀場の言いなりにならずアマゾンのお坊さんと言う選択肢があることを、覚えていて下さい。

…と、実はこの話、今日、知り合いに話してみた。すると知り合い曰く、それテレビで見たことあるなぁ…と。そうなんだ。と言う事は、その打ち合わせに同席した知り合い、テレビを見てこのアマゾンの話を知ったのかもな。

とりとめがなくなってきました。この辺で。

株式投資実践セミナー2017年1月23日(月)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
1月23日(月)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)