日銀が米国国債を購入?

浜口です。ある事情通の話。

日銀が外債を購入すると言う話が出ている。それに対し安倍首相は、「日銀の外債購入による為替介入目的は、世界から認められない」と言っている。ここまでは皆さんご存知ですよね。新聞に書いてあるから。

しかし・・・為替介入目的と受け止められない外債の買い方がある。それはアメリカがQE3までで購入し続けた米国国債。これは遠くない未来、売却する必要があるが、市場で売却すると、暴落するリスクがある。これによる米株安も懸念される。

ではどうしたらいいか。米国がここまでQE3までで購入した国債を、今後は部分的にせよ、日銀が購入する。そうするとこの米国債買いは、介入とはみなされない。米国の救済と歓迎され、この米国債買いは介入ではないので、正当化される。この場合為替は、必然的に円安ドル高になる。こんなシナリオが、まことしやかにささやかれているんだけど、どうなんだろうな。

話半分でお願いしますね。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)