暴落を買え!?

浜口です。

この本、タイトルに惹かれて買いましたが…実際に読んでみると、暴落を買えと言う趣旨は、あまり書かれている印象はなかった。なんでこういうタイトルにしたんだろうな。でも有益なことは色々と書かれていたかな。
IMG_6772

暴落したタイミングを狙った投資というより、資本家としての投資、あるいは氏が尊敬している、本田静六氏の手法の応用という色彩が強かったように思われました。例えば以下のような主張ですね。

好景気には勤倹貯蓄を、不景気には思い切った投資を。
資本家こそが1番の配分を受けられる。だから資本家になろう。

また、お金を雑に扱ってはいけない。最近はインデックス運用が盛り上がっているが、これはお金を雑に扱うことの典型例。Topixのインデックスファンドを買うと、持続しておく価値のない企業もかなり含まれていて、こうした銘柄にも投資する羽目になる。オススメできないというあたりは、氏の考え方が反映されているように思いました。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)