「トイザラス」が苦境と。ダブルパンチ。象徴的だな・・・

浜口です。

日経電子版、アマゾンだけでない「トイザラス」の苦境の記事には、時代の変化を考えさせられるものがありましたね。象徴的。特に苦境の原因となっている以下の2点。

まずは、競合をなぎ倒す「アマゾン・エフェクト」。要は小売りにおけるネット通販の台頭、その分割りを食う、既存小売りの厳しさ。ここまでは「まあそうかな」とイメージできるところだが、加えて、レゴの売り上げに象徴される、「子供のデジタル志向」があると。スマホ普及が進んだ今、多くの子供がスマホ・タブレットゲームに夢中と推察されると。その分、リアルな玩具が割を食うわけですね。

なるほどな・・・「アマゾン・エフェクト」「子供のデジタル志向」とダブルパンチなわけだ。

参入障壁が低い業種と言ってしまえば、それまでだが・・切ない気持ちになる。が、良くも悪しくも、これが現実。時代は変わるな。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)