「Sell in May」までは、株価材料に好意的に

浜口です。

このブログでもしばしば言及している「Sell in May」(5月には売れ)のアノマリーに関連して。

この格言は「Sell in May、」以降に続きがある。この続きはいくつか、微妙に異なるものが存在する。「秋には相場に戻ってくるのを忘れるなよ」という趣旨は共通しているが。現在の主流、というかハマりがいいのは、「Sell in May, and go away. don’t come back until St Leger day. 」あたりですかね。

訳すと、この格言は「(米国株式は)5月には売ってLeger day(9月第2土曜日)まで戻って来るな」と言っているんですね。「Sell in May,But remember come back in September(5月には売れ。しかし9月に再び市場に戻ってくることを忘れるな)」という続きもあるよな。

これは米国株式の格言ですが、日本株にも応用できる。両社は相関関係が高いから。そういうことですよね。

当方は相場に対して、「Sell in May」までは、市場を取り巻く材料に関しては好意的に、「Sell in May」以降は警戒的にと、受け止め方にバイアスを掛けるようにしている。というか、そんな癖が自然とついてる。まあ、これでいいんだろなと、思ってますけどね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)