過熱とは、こんなものではない。野村、’80年代後半の石川島播磨重工業・・

浜口です。ちょっと’80年代後半の思い出話を。

日経のマーケットニュースに「歴史的株高を聞く」と言う記事があり、過熱、こんなものではない と、いちよし証券会長 武樋政司さんがコメントされてましたね。今、74歳なんだ・・参考になると思うんでお読みいただければと思うんですが、その中で特にシビれたところを。

―バブル期と比べ(日本株の)市場の雰囲気は違いますか?
―「当時は熱狂的相場で異常だった。不動産は必ず値上がりするという『土地神話』も信仰され、バブルに浮かれていた。それに比べると今の相場上昇はまっとうすぎて、逆に盛り上がりに欠ける。過熱とは、こんなものではない

なるほど・・こりゃ、発言に恐ろしく説得力があるな。当方はそう感じましたね。これは当時の相場を知っている人には、すぐにピンと来る話だろな。

この方は80年代後半、当方が日本株のファンドマネージャーをやっていた頃、業界で圧倒的にN0.1の、野村證券の株式部長だった。確かこの頃、野村はトヨタを抜いて。経常利益で日本企業のトップになっていたよな。

昭和の時代の証券会社といえば、株式部長といえば最高の花形というかカリスマ。相場を作っていた。当時の野村はいわゆるウオーター・フロント関連銘柄を手掛けまくっていて、その中心銘柄が豊洲工場の含み益をハヤして大相場になった、7013のIHI、当時でいえば石川島播磨重工業ですね。そしてこの方は、当時の野村ど真ん中銘柄、石川島の大相場の旗振り役をカリッカリにやっていた。

とにかく当時の野村は、寝ても覚めても、石川島、石川島、石川島!!機関投資家にハメ込みまくり。う~む。野村の株式部長、ホント、物凄い存在感だったよな・・・と、これは良い意味ですよ。あの頃が懐かしいな・・

当方が所属していた銀行でも、石川島は頻繁に売買されていた。記憶が定かでないが、上席のファンドマネージャーが。ワンショットで800円前後の石川島を500万株、ということは売買代金で40億円か。そんなディーリング売買を重ねていたな。まあ・・凄い時代だったよな。でこれは、証券の売買手数料が自由化される前。これじゃあ・・証券会社が儲かりまくるわけだよな。

今、築地市場の移転で話題になっている東京の豊洲。このあたりは、30年前はウオーター・フロント関連銘柄の「聖地」として、注目されまくっていた。銘柄としては、件の石川島を筆頭に、東京電力、東京ガス、三菱製鋼あたり。現在問題になっている豊洲市場の土地は、東京ガスが持っていた土地ですよね。

30年経った今、豊洲が違う形で注目されているのは、なんだか不思議な気持ちになるな。まあ・・確かに開発は進んだ。その点では野村の着眼点は的を射ていた。しかし石川島の株価は、89年末。バブル天井の時、やはり天井を打ってしまったが・・

取り留めがなくなりましたね。この辺で。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)