これまでの五輪前後の株価推移

浜口です。これは備忘録入りかな。

今朝の日経モーニングプラスで。三菱UFJモルガンスタンレー証券の藤戸さんが分析されていましたね。1981年以降これまでの。世界の五輪前後の株価推移について。

五輪にかけて景気は上昇傾向になるが、五輪の時はもう下向きになっていると。
B14A798D-792A-4EB2-97AF-3840A07FB14B

この状況を踏まえ、オリンピック前の4年間の1981年以降の各国の株価の動きに、ここ下の日本株の動きを重ねたグラフ。経験則では、日本株は五輪前、つまり2019年前半が勝負の年。2020年は景気モメンタムが下向きになるからと。
加えて来年は年後半に消費税増税が予定されていることも景気にはネガティブと。どうなるかな…
BE569211-81E0-4EB5-8944-0406D95D1F45

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)