3月ぐらいまでは中小型株の出番なのか?

浜口です。

今日のニュースモーニングサテライト。どなたが説明しているか失念したが、興味深いフリップが。これですね。

974140E6-E69D-4C9E-8BDC-86EDFE76B109

例えて言えば。鬼の居ぬ間の洗濯かな。

米中日の関係で、為替が円高になるリスクが。そうなると輸出関連の大型株は厳しい。一方でここ1年間かけ、中小型株は、悲惨なまでに売り込まれ、陰の極に達したのか。反転の機運がある。マザーズ指数を見ていると、それがうかがえるような気がする。

マザーズ中心に中小型株を見てみると。業績が上方修正されている一方で、需給関係で嫌われて、1年間、売り込まれてきた銘柄が結構多い。一方でフリーパパさんが言われているように、新高値銘柄をとっているものも中にはある。こちらに分があるのかな…

マザーズ銘柄中心に。中小型銘柄はセンチメントの変化にパフォーマンスが大きく左右される。ここまでパフォーマンスがひどかった。しかしここからは、さきのグラフにある通り、好転する局面があるような気もする。

でも繰り返すが。ここからは鬼の洗濯。大型株が迷走する中で、好業績の中小型株の出番のような気がする。
でも幕間つなぎ、中小型株相場は、3月位で終わってしまう可能性もある。実際のところ、本腰で中小型株に取り組むべきではないのは得策ではないけれども。3月くらいまでは、結構パフォーマンスが得られるような気もしています。

当方はこの辺は門外漢。現在勉強中ではあるけれども。
感覚的にはそう思います。まあ、話半分で。

とりとめがなくなりました。この辺で。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)