米国でたまるマグマというが・・・

浜口です。

4月8日の日経朝刊に、米国にたまるマグマ、急落の引き金に備えという記事がありましたよね。それを読んで、考えるところを。

このとてもセンセーショナルなタイトルの記事によれば。米国ではVIX指数が急低下している一方、VIX指数先物の売り越し残高が昨秋の米株急落前を超えている。この状況に対し記事はタイトル通り、「米国でたまるマグマ 投資家、(株価)急落の引き金警戒」と、株価が暴落寸前の如くコメントしているように思える。ジャーナリストの視点なのかな。

でもねぇ。投資家の立場からは、「ちょっとどうかなぁ」と思う。VIX指数の低下は、すぐに株価が急落すると言う意味では無いですよね。

「VIX指数が低下⇒当面、上昇相場(適温相場というべきか)⇒金利上昇等、市場でなんらかのリスク要因が発生し急落」こんな流れを想定するのが妥当でしょう。要は、先々はともかく、足元では「VIX指数低下=平和な相場が戻ってきた」との理解が正解でしょう。ねえ?

ただこれは、あくまでVIX指数と株価との関係だけを捉えた場合の話。日本株は今回は、国内の3月期決算発表、5月10日が最多と。で説明した内容を抱えるから、それには一応、注意は必要なんですけどね。

とりとめがなくなりました。この辺で。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)