浜口準之助ブログは、新たなurlにて更新していきます。

浜口です。

投資日記ステーションでお世話になりました浜口準之助ブログにつきまして、一旦、暫定的にここに引っ越しをしておりましたが、今後は、以下において更新していきますので、ご案内させていただきます。新たなurl、Bookmarkの変更をお願いします。

「浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式投資」

https://hamaguchitokyo.com/

エンジュクさんに感謝しています。私はこのブログ書きが大好きでした。

浜口です。ついにブログの最終日ですね。ご挨拶を。

常にアウトプットすることを前提に、情報インプットを繰り返す。これは長い間、私が信条としていることです。投資日記ステーションには、長い間、情報アウトプットの場を与えていただき感謝してます。本当にお世話になりました。私はこのブログ書きが大好きでした。

ブログを読んでくださった方々。「浜口の言うことは、少しは参考になったな」と思ってくださったなら、本当に嬉しいです。

私はこれからも株式運用とブログ書きをライフワークとしていきます。今後も引き続き、これからは個人ブログで皆さんとお会いできれば嬉しいです。これからは、「浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式投資」をご覧ください。こちらで情報発信していきます。そしていつか、自身のHPを立ち上げたいと思っています。

最後に
エンジュクさん。重ねまして、本当にありがとうございました。エンジュクさんの益々のご発展を祈念しつつ、筆を置くことにします。

浜口準之助

三菱商事の2019年度の中間配の権利落ち状況(2019年9月)

浜口です。

巨額の自己株買いの効果、これから本格化?で、三菱商事について言及しています。本日、この銘柄の中間配の権利落ち日でしたので、状況につき、一応コメントいたします。

配当金:60円(推定ベース。そのうち会社からアナウンスがあると思います)
2019年9月27日、権利落ち日株価:2,673円 -61.5円 -2.25%
同日の日経平均株価:21,878円 -169.34円 -0.77%
この日の三菱商事の株価下落-61.5円のうち、配当落ち部分が60円(推定ベース)。
日経平均の下落部分のうち、配当落ち部分が160円(推定ベース)。

この日の三菱商事、日経平均の株価は、ともに2019年度の中間配権利落ちに概ね準じた株価だった。この部分を除くと、前日比それぞれ、ほんのわずかな下落ということになりますね。但し違った言い方をすれば、両社とも、配当落ちを即日埋めるほどの展開にはならなかったとも言えますが。まあ・・こんなもんだろうな。

さてさて来週以降、株価はどうなるか。早いうちに権利落ち分を埋めてほしいものだが。

外人投資家の日本株保有残高は…意外にある

浜口です。これは 2019年9月第4週の日経モーニングサテライトにおける、ニッセイ基礎研究所の井出さんの分析だと思うんですが。備忘録入りと思いましたね。

外人投資家は2012年以降日本株を買っていたがもうほとんど売ってしまった。逆に言えばこれ以上の売りはもう限定的じゃないかと言う見方がありますがそうではないと、井出さんは言われるんですね。
その理由は、外人投資家は2012年アベノミクス位から日本株を買っている。だから例えば日経平均10,000円レベルの所でも買っているわけで、相当、利が乗っている玉もある。主体別売買動向の分析は金額ベースですからね。株式数量ベースではなく。この考えに基づいた井出さんの分析が、この写真のグラフに反映されている。

4F4DF0DF-FF4D-4B5E-A2A9-1E4E1A2BCEBD
この写真によれば未だ外人投資家は日本株を見物10腸炎程度持っている。したがってここからの売り曲が限定的と考えるのは正しくないんじゃないかと言う考え方。まぁその通りなんでしょうね。この点は踏まえておいた方が良い。

まぁ問題は今後改善投資家が再度買い直に転じるかどうかなんですが…。

日本株の中間配当、10年連続増と。

浜口です。これは備忘録入りだな。

今日の日経新聞、上場企業の中間配、10年連続増 逆風下でも株主還元と。過去最高の4兆8,700円と、前年比2%増の見通しと。

10月の消費増税による家計の負担増ははおよそ2兆円増。中間配当は11〜12月に支払わられ、家計を少しはうるわしそうと。

まあ、そうですよね。同感です。

三菱商事がデリバティブ取引で巨額の損失を・・・

浜口です。なんてこった。

三菱商事がデリバティブ取引で巨額の損失を。本件に対し早速、SMBC日興証券のアナリスト森本さんが、緊急レポートを書いてくださいましたね。
2D7DD96F-8BCC-4E57-85FF-3BA54EE698B4

まさに 9月末中間配当が落ちる直前での事件だが。このレポートにも書かれている通り、三菱商事の配当ポリシーは、減配しない方式である「累進配当」ですからね。年間配当金120円に影響はないでしょうとの見立て。私も同じ意見です。詳しくはレポート内容を。

でも、なんだかなぁ。早いところ、会社側のディスクローズをお願いしたいとこだな。

**なお当投稿は、浜口です。ブログについてお伝えしたいことがあります。に記されている、“浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ”でもご覧いただけます。ご訪問して、ご確認いただければ幸いです。

世界の人口はやはり中国・インドがダントツと。

浜口です。株式市場は小動きになってきましたね。もうすぐ、9月の中間配が落ちるな。

これは少し前にした調べ物。皆さんとの情報共有としようと思っていたんだが・・備忘録として、アップを忘れてしまっていた。

今更ながらですが、世界の人口について。出所は失念してしまったが…下記の通り。主要国を書きだすと:

1位は中国。13億6782万人
2位はインド。12億5970万人
3位はアメリカ。3億1905万人
日本は10位。1億2706万人

やはり中国とインドがダントツだな。これだと日本と様々に比較する場合、中国とインドは基本、日本の12~13倍であることをまずは念頭に置くべきということだな。

あと、これは前回、浜口です。ブログについてお伝えしたいことがあります。アナウンスさせていただいた内容ですが。

既にご案内の通り、当ブログは9月末で更新が終了してしまいます。一方で私はこれからも、個人的に、情報発信を続けていく所存です。

10月以降、当面の私の株式投資のアップは、暫定的ですが、「浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ」ブログがありますので、そこに株式投資のカテゴリーを作って、アップしていく予定です。とりあえず、このURLをブックマークいただければ幸いです。のちのち別途HPを作っていこうと検討中です。

以上であります。

浜口です。ブログについてお伝えしたいことがあります。

浜口です。ブログについてお伝えしたいことがあります。

既にご案内の通り、当ブログは9月末で更新が終了してしまいます(エンジュク様、お世話になりました。別途、お礼を申し上げ、ご挨拶させていただきます)。

これを機会に今後私は、自分のHPを立ち上げていく予定です。しかし、このHP立ち上げ分野で私はド素人であるため、少し時間がかかりそうです。

10月以降、当面の私の株式投資のアップは、暫定的ですが、すでに立ち上げている「浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ」ブログがありますので、そこに株式投資のカテゴリーを作って、アップしていく予定です。これも暫定的ですが、HPができるまで、ここのURLをブックマークいただければ幸いです。

浜口準之助は、やる気マンマンです。引き続き、浜口準之助のご愛顧、よろしくお願い申し上げます。

三菱商事の自社株買い状況

浜口です。

以下はここもとの、三菱商事の自社株買いのアナウンス。

令和元年 8 月 1 日~令和元年 8 月 31 日における自己株式の取得状況

ちなみにこちらは、その前月:
令和元年7 月 1 日~令和元年 7 月 31 日における自己株式の取得状況

巨額の自己株買いの効果、これから本格化?でも書いた通り、三菱商事は、株主還元策の強化を表明している。このブログで書いている内容は評価できると思い、私はこの銘柄に、そこそこ投資をしている。

10月の消費税上げにかけ、相場はもう一度下げに転じるリスクがなくはないが・・下げてもそれは限定的とポジショントーク判断、9月末の配当を取りに行くつもりです。

どうなるか・・・

東京は一極集中が極まり過ぎ!!住むなら大阪だよ!もしくは名古屋・・

浜口です。当ブログももうすぐ終わってしまう。残念だが・・・このタイミングで、いつか書こうと思っていたこと。ゴーマンかまして、よかですか?

東京は一極集中が極まり、コスパが悪い!東京と大阪を比べた場合、住むならダントツ大阪だと思うな。

先日、大阪から来た知り合いと飲んだ。その人は住友商事系の会社にいる。住商は現在、東京は大手町に本社の居を構えてるので、東京にしょっちゅう出張してる。その時の会話を。

「大阪人」:東京は飲食が高いなぁ。丸の内・大手町、この飲食の価格の高さは異常では?

 「当方」:う~む。それはね。不動産が高すぎるからだろうなあ。このあたりの飲食の価格は、不動産の高さが飲食に乗っかってる。三菱地所のしわざじゃね?だから東京では、古い建物に入っているお店、もしくはチェーン店に行くのが吉。まあ・・このあたりがオシャレなことは間違いなく、女子の人気は高いけどな・・

「大阪人」:なるほど・・・。でも大阪は、住友村で有名な大阪の淀屋橋でも、安いとことはとんでもなく安いよ。しかも概ね美味い。

 「当方」:う~む。反論できない。当方は大阪に2年半近くいたけど、大阪はどこも安くてうまいよな。淀屋橋も梅田も。梅田はJR大阪駅のことだが。
率直に申し上げる。飲食のコスパは、明らかに大阪のほうが東京よりもはるか上。東京の完敗ですよ。

「大阪人」:ですよね。私は浜口さんにね。丸の内・大手町の飲食は接待で使う街、もしくは男が女性を口説く街と聞いた。丸の内は日本を代表するブランド地だからね。一方でコスパは近隣の新橋・神田が割安というから、そちらに行ってみたけど。こちらも価格は、大阪は難波の倍近くでしたよ?

 「当方」:わかる。実際、その通りなんだよな。中には「千ベロ」といって、千円で酔える割安な店も中にはあるんだが・・。その「千ベロ」Loveの男が、大阪に行って「参った・・安くてうまい」と言っている現実。要は飲食は「大阪の勝ち、東京の負け」なんだよ。

さて、個人的見解を。東京は一極集中に伴う弊害が醜い。一例だが、当方、東急東横線・目黒線沿線住民なんだが、武蔵小杉のタワマンの乱立に伴い、迷惑を被っている。電車、とんでもなく混んでますって。東京は、人が集まりすぎな。

大阪、名古屋と単身赴任した経験から申し上げる。住むことにフォーカスすると、大阪が一番。二番は名古屋。東京は明確に見劣りする。

大阪は居酒屋など、飲食店のコスパがざっくり東京の3分の2から半値ではないだろうか?で、日本海や瀬戸内海の海の幸、加えて神戸牛・丹波牛など良質な素材が入ってくる。大阪の魚介は美味いし、意外にも牛肉をよく食べる。「大阪といえば粉モンだけでしょ?」との意見がたまに聞こえてくるが、それだけじゃない。間違ってるって。

なんだか知らんが、東京が日本の経済の中心地になってしまった。だから大手企業のオフィスをみな、東京に寄せるもんだから、東京に住まざるを得ない。これが本音ですって。大体なんで、住友商事の本社が東京は大手町なんだ?

う~む。東京の人口の一極集中、ほんと、なんとかならないかなあ。かねて言われたように、官庁は仙台にまずは、移転したほうがいいって。ほんと、そう思うな。

取り留めがなくなりました。クールダウンしないとな。この辺で。