働き方改革 …本格導入されつつあるのか。

浜口です。相場はパッとしない。次なる展開待ちかな。さて・・GWに久々に旧友に会って、一献傾けた。その時の話を。

彼は日本を代表する食品会社。その東京本社に勤めている50代。安倍首相の働き方改革の影響からか、会社の就業定時がなんと、16:30になったとのこと。フレックスタイムも導入されたおかげで、管理部門で社内で完結する部署に所属する彼は、早出することで、15:30には業務終了で帰宅。これが 毎日なんだそうです。営業部門なども早帰りの傾向が鮮明で、かつて10時・11時と遅くまで働いていたのが様変わりしているとのこと。本人も驚いてましたね。会社が変わったと。

一方で、当方の知り合い。大阪で総合商社の関連会社に勤める管理職、中堅ノンバンク に勤める管理職、東京本社の銀行に勤める総合職社員、3名とも女性なんですが、彼女たちは基本、毎日、夜9時近くまで働いている。その後で終電近くまで一人飲みしている写真など、Facebookにアップしていたりする。急用がある場合に限り、早く帰れる状況らしい。

う〜む。この違いは何なんだろ。東京と大阪の違いなのか。分からないが…いずれにせよ、旧態然としている大阪勤務の女性の職場に対し、東京のこの食品会社の勤務状況は明らかに差がある。東京から徐々に、変わっていくと受け止めるべきなのか。それとも、業種や企業規模により顕著に異なると理解すべきなのか。

ちなみに当方の会社は、最近やはり、残業は悪徳とのムードが広がっている。外出してオフィスに戻った場合に定時より遅くなりそうな時は、原則「直帰するように」とのお達しが出るに至りました。外出していない時は、極力18時頃には帰るようにとのこと。前述の大手食品会社ほど顕著ではないにせよ、やはり働き方改革の流れが影響してるのかな。

とりとめがなくなりました。この辺で。この変化を銘柄選びに活かしたいが・・・今のところ、アイデアはないな。

野村不動産HDはストップ高だが・・・

浜口です。

IMG_6271

日本郵政が野村不動産HDを買収?本当か・・・?で書いた通りだが…当方、今日の野村不動産HDは大幅高。まあそれはお約束。加えて・・・期待先行でいい。このことが市場全体に、ポジティブに波及するんじゃないかなと思っていたが。それほどでもなかったかなぁ。

建設・不動産はそこそこ、ポジティブな影響受けたと言えるかもしれないが。銀行あるいは商社は、こんなもんなのかなぁ。まあ明日以降の展開も期待したいが。

それにしても、今の株式市場は冷静なもんだな。そんな想いを禁じ得ない一日だった。今日のところは。でも、市場のセンチメントは、変わるときは一気に変わるから。それが市場というものだから。引き続き、今後のニュースフローに注目していきたいな。あとは米国市場、為替、外人動向など、様々に。

取り留めがなくなりました。この辺で。

日本郵政が野村不動産HDを買収?本当か・・・?

浜口です。度肝を向かれた・・

日本郵政が不動産大手の野村不動産ホールディングス(HD)を買収する検討に入ったことが12日、分かった。郵政グループで都市部に持つ商業施設を活用し不動産収入を伸ばすため、野村不動産の開発ノウハウを得て収益基盤を強化する狙いがあると。これ、本当なのか?

資産持ちながら鈍牛の(失礼)日本郵政に、カリカリの野村マインドが?本当だとしたら、凄い話だよな。
M&Aのアドバイスしたの、おそらくは外資系の投資銀行だと思うが・・・もしかしたら、野村證券のアドバイス?わからんが。

続報を待ちたいが…月曜の相場が楽しみ。終わってみたら、日本株の大きな転換点になるかも。

う~む。北朝鮮問題とか、デガラシに思えてきたな。

日経平均の予想EPSがいきなり低下

浜口です。

今、日経モーニングプラスで、昨日と今日とでは、たった1日で日経平均の予想EPSがずいぶんと大きく低下しているとの説明がありましたね。具体的には、以下フィリップ通り。

IMG_6215

大きく下落した原因は、トヨタの減益見通しと、輸出企業が想定為替レートを下方修正した部分が大きいと。

これはどう解釈したらいいか。第一印象としては、あんまり喜ばしいことではないが。輸出企業が総じて慎重な見通しをしているので、今後この利益見通しが、今後の利益の増額修正の源になると解釈していいのか。それともこの考えでは楽観的すぎるのか。

よくわからないが…今日以降出てくるであろうアナリストの見通しが世論を形成することになりそうですね。どうなるか…

「もっと簡単だと思っていた」トランプ氏が大統領の職を語る。相場はリスクオンかな。

浜口です。

いわゆるハネムーン期間の100日が終了。それを受けてなのか、トランプ大統領のインタビュー記事が。「もっと簡単だと思っていた」と。

う~む。これはトランプ氏の素直な感情の吐露として理解していいのかな。少々複雑な心境なのかな。

さて
米国企業、国内企業とも、足元で発表されている決算は概ね好調な様子。また喧伝されていた様々なリスク要因が相場に織り込まれてきた。相場がこなしてきたというべきか。オバマケアの代替法案も通ったというし。米下院では。

当面、リスクオンの展開なのか。目先、日本株にも強気でいいのかなと思うようになりました。GW明けが楽しみ。

目先はともかく、一回転できたとして、その後がどうかだが・・・その時はまた、その時に考えればいいのかな。漠然とですが、そんな気持ちになりました。あくまで、「そんな感じ」というレベルですが。

取り留めがなくなりました。この辺で。

この年になって身に沁みた、故林輝太郎氏の著作『株式成功の基礎』。

浜口です。

GWの読書。若いころピンとこなかった本。30年経った今読み返すと、リアルに理解できることも。でも紹介した、故林輝太郎氏の著作「10億円儲けた人たち『株式成功の基礎』」を読み返しているところなんですが・・・この続きを。当方はこの本に自筆で、こんなメモを書いていた。

IMG_5996
「→P36まで読む必要なし」と。ところがいま、この本のP36にかけてを読み返してみると、いかに大事なことが書いてあるか。そのことに気付いて、驚かされた。う~む。自分を恥じる次第だが・・・前向きに受け留めれば、それだけ自分が株式運用において、進歩できたということなんだろか。まあトシを重ねた結果、同じ本を読んでも、今だからできる気付きもあるということですね。

ちなみに、この本のP36前後にかけて書いてあることを、以下にざっと書いておきます。今は、身に沁みて実感出来ることばかり。ご関心ある方は、ご一読をおススメします。以下だけではなく、この本一冊を。

・一年間のグラフを見て、どこが取れるか考えてみるとよい。いくらうぬぼれが強い人でも、取れるのは2~3回ということがわかる。
・相場の恐ろしいところは、いつも儲かる気がすることである。
・グラフを見ていると、「こういう時なら利益を上げられる」、あるいは「こんな動きの時に玉を持っていてもつまらない、精神的負担が大きいのに利益にならない」ということもわかってくる。
最大の収穫は、「売買してはいけないとき」「利益を上げられるとき」も、おぼろげながらわかってくること。
・蓄財というカネの増え方は、右肩上がりの一直線ではなく、階段みたいな増え方なのである。
・「あらゆる分析の確率は1/2を超えない」という考えを土台に 「満玉張らない」「損切出来る」「分割売買をする」が出来れば、成功は約束される。そしてそのようにした得られた利益は、「静かな利益」なのだ。

外人投資家が戻ってきた?

浜口です。

これは今日経モーニングプラスで鈴木編集員が説明しているフリップ。外人投資家が日本株に戻ってきたと。

IMG_6118

ここにきて、言われていたリスク要因が低下しているのが背景なんでしょうが。

まぁ日本株に限らず、世界的に株式でリスクを取ろうとしている傾向の 1つの側面ということなんでしょうか。

どうなるか。

買いたい弱気・・・

浜口です。

決選投票へ、ルペン氏が好スタート 仏大統領選=世論調査との見方も。
「金正恩氏は中国に亡命か」と韓国SNSで拡散 北朝鮮の核実験巡り中国が亡命を説得かとの見方も。

両方ともテールリスク。起こる可能性は高くはない。でも起こったら、一時的に急落、その後大幅戻しかな。

当方現在、キャッシュが60%ぐらい。買いたい弱気。どうなるか。暴落でも暴騰でも、あるいは不幸なことが起こらず、そのまま上昇してもらってもいい。そんなポジションのイメージかな。

悪くないな。さあ来いという感じ・・・と、こういうのもポジショントークというのだろうか?

取り留めがなくなりました。この辺で。

ナスダックが新高値。リスクオンに転換?

浜口です。今放映されている日経モーニングプラスで紹介されているフリップ。米ナスダックが新高値と。

IMG_5941

日本株もこのところ急速に戻ってきた。急なリスクオンの展開?戸惑うが…「相場は相場に聞け」と言う格言通りなんだろうな。一方でゴールデンウィークの休みが近いのが気になるが…

まあ
「取れそう」と思えるタイミングが来たら、乗せてみようかな。いずれにしろポジションを増やすか否か、主導権は、キャッシュを持っている当方にある。相場を利用してやるぞと言うスタンスが重要だよなぁ。

とりとめがなくなりました。この辺で。今日の相場が楽しみだ。

ハネムーン期間が終わるが・・・

浜口です。

大統領就任後100日はハネムーン期間?と書いたが…
もうすぐハネムーン期間が終わるな。どうなるか。

日本株、さすがに値ごろ感が出てきて、押し目は買っていいように思えなくもないが…まあ、焦る必要はないかな。

日本株、相場と手が合うまで、待とうかな。そんな気分です。今日現在はね。