日本株株価のオーソドックスな見通し

浜口です。備忘録として。

これは現在、日経モーニングサテライトで、野村證券の若生ストラテジストがコメントをされているフリップ。非常にオーソドックスな分析をされていますね。

IMG_7464

曰く、現在、国内企業の4 〜6月期の決算発表が真っ盛りであるが、業績は上昇傾向はやはり続いている。野村證券のアナリストによる、日経平均のEPSはフィリップ右下にある通り。この状況を鑑みれば、今後の日経平均はPERを何倍で推定するかにもよるが、やはり株価の上昇傾向は続くと見ていいんじゃないかと言う考え方。

相場に対する基本感としては、確かにこれでいいんだろうなぁと思います。これに海外要因等々、センチメントを左右する要因がどうなっていくかがポイントになるように思われますね。

半導体製造装置株に対して強弱感が対立

浜口です。

これを悪趣味と受け取らないでほしい。当方、相場の転換点か否かを占う意味で、本件を貴重と考えるので。
はからずも週初、半導体製造装置株に対して強弱感が対立してますね。写真を。

IMG_7445
まずは7月24日付け三菱UFJモルガンスタンレー証券の藤戸さんのレポート上の記載。これに対して7月23日付け日経ヴェリタスの楽天証券研究所長の窪田さんの意見は逆。

IMG_7444IMG_7446

どうなるか。足元で株式市場はグロース株優位の展開に見えるが、これが半導体製造装置株の動向如何で、バリュー優位になる可能性もある。そういった点も含めて、両氏の見解の相違は興味深い。どうなるか。

日本株が軟調だが…

浜口です。

今日の日本株、前場見てますが。予想以上に軟調な展開。こういうもんかなぁ?

ドル円も110円台と円高。日本株売りとドル売り円買いポジションでヘッジファンドが暗躍してると言う話も聞こえてくるが。

でも、ここもと発表されつつある4 -6月期日本株の決算はまずまず良好と言う話だし。そもそもニューヨーク株式が上昇した場合、日本株売り円買いのポジションは、報われるのだろうか?

また今日のこの状況だと、日銀のETF買いが午後からまず入ることになるよな。

ヘッジファンドのポジションについては、当方に聞こえてくる噂話と当方の妄想によるものであるが…気持ちはわからないでもないが…この仕掛けは、タイミングとしてはちょっと早すぎるような気もするんだけどなぁ。どうだろ?

取り留めがなくなりました。この辺で。

森金融庁長官の存在感とJ-REIT。

浜口です。

この話題、もう少し早いタイミングでアップできれば良かったな。今、話題の本。週刊ダイヤモンド7/22号ですね。

IMG_7322
表紙には、「史上最強の金融庁長官森信親の死角と次の一手を読み解く」とある。次の一手を読み解けるのかは定かではないが・・現状、何が起こってるのかを知るうえで、一読しておくといいでしょうね。確かに氏の方針は、今後の市場に少なからずインパクトを与えそうです。

それにしても・・・当方、運用業界に居ますが、最近、この人の話題を聞かない日はない。物凄い存在感。市場にも影響を与えてますよね。

ほんの一例ですがJ-REIT。下落してますよね。
IMG_7323
この背景には、J-REIT投信の一部の毎月分配型ファンドは、身の丈以上の分配金を出していて森長官の顰蹙を買っていると伝えられていることがある。
以上から、金融機関は今後この手の投信を販売しない・もしくは解約させる意向、そんなJ-REIT投信の解約が個別リートの売りにつながっていて、一部、思惑的な空売りも加わっているんでしょう。

まあ・・J-REIT、ここもと大幅下げの後急反発してますが、押したところを買えればこのETFでも利回りは4%前後はある。為替リスクがない運用対象として、悪くない水準だと思いますけどね。ご参考まで。

要は森金融庁長官の意向もそうだが、氏の考え方に対する過剰反応も、投資チャンスになり得るということでしょうね。

四季報を斜め読みしているが…

浜口です。

今更ですが…夏の読書。会社四季報夏号を斜め読みしているが…業績見通しの数値や予想コメント、強気というか期待できそうと思わせる銘柄が多いですね。本当に。

特に当方が注視している銘柄には、スランプを脱出して今後増益、増配銘柄が多い。これは…やっぱり株を買いたくなってしまうなぁ。

とりとめがありませんが、そんな印象です。

世界的な金利上昇が、日本株に影を落とし始めた?

浜口です。

金利に負けない株選別 非財務情報で成長探るというが・・・

曰く、「世界的な金利上昇が日本株に影を落とし始めた」「金利上昇と非財務情報を重視する2つの流れが相まって、株式市場では真に強い企業に資金が集まる構図が強まりそうだ」というが・・本当?当方には???と思われたのだが。

欧米中心に景気動向は順調、それに伴い金利が自然と上昇する局面は、全体として株価にもネガティブではない。いわゆる「良い金利上昇」なので、ある程度までは問題なし。当方むしろ、選別的にわずか一掴みの銘柄が買われるというより、そこそこ裾野の広いリスクオンの展開と考えるのだが。そして日本株がもし下がるとすれば、世界的な金利上昇とは別の要因がきっかけになると考えるが・・・どうか?

一方で同じ日の日経、1900兆円が玉突き 「安全資産」バブル崩壊の足音という記事。

「『安全資産』バブル崩壊という未体験ゾーンに投資家は足を踏み入れつつある。」「当面、量的緩和を続けそうな日本を除くと米国債は1600兆円、ドイツ国債は280兆円、合計約1900兆円の発行残高がある。こうした代表的な安全資産の値下がりが、玉突き的な(債券や債券代替銘柄の)バブル崩壊をもたらしかねないと投資家はびくついている」。

こちらは納得。違和感なかったけどな。どうか。

114円台・・・

浜口です。

米雇用統計、6月は22万2000人増 失業率は4.4% と。増加幅は市場予測(17万人程度)を上回り、4カ月ぶりの高水準。

米国の第一週は、ISM製造業指数と同非製造業指数。そして雇用統計と、重要指標「御3家」が発表される。今回はいずれも良かった。

3指標とも事前の市場予測を上回るのは、比較的珍しい。予想以上に、指標は強い。足元での米国景気鈍化の懸念を、一応は払拭させる形になっている。その結果としてのドル高、114円台との後講釈が可能になっている。そんなところでしょうね。

市場、当面はリスクオンとの理解で良いのかもしれないが・・・なんだかすっきりしないな。株式、吹き値があればキャッシュ化して、年後半、通例、一度はある大幅下げ局面で買い戻したい。当方、そんな願望をもっているんですが・・

どうなるか。

日本株にリターンリバーサルの動き?

浜口です。今日の日経モーニングサテライト大和証券シニアストラテジストの石黒さんが解説されていたフィリップを。

日本株にリターンリバーサルの動き。マーケットの流れが変わり、グロース株優位からバリュー株優位の動きが出て来そうと言うが、どうだろうか?

IMG_7012

一方で、ここもと調整局面を迎えている、テクノロジー関連中心のグロース株の押し目買いに分があると言う見方をする向きも多い。

どうなるか。どちらにべットするのか、あるいはどちらにもしないのか。

7がつく年の後半は株価が下落しやすい?

浜口です。

今日経モーニング+でこんな説明をされてますね。日本株、7がつく年の後半は株価が下落しやすいと。

IMG_6943

1987年はブラックマンデーの年、 1997年は、拓銀山一証券日債銀長銀の破綻につながる金融不安の年、 2007年はライブドアショックがあった年、あるいはリーマンショックにつながるパリバショックがあった時かな。

こういうのをアノマリーと言うのかわからないが、要はこれまで、何か波乱が起こりやすい年だった。末尾が7の年は。後講釈だが、そういうことですね。

これを運用にどう活かすべきか。まぁ皆さん次第なんだろうが。ご参考まで。

どうなるか。

今秋の調整は軽い?

浜口です。

今日のモーニングサテライトの、岩井コスモ証券の林ストラテジストの方の分析。

IMG_6889

過去20年間を見た場合には日本株はやはり、年前半上昇、年後半の下落の傾向が見られる。しかし年前半に上昇した年は、年後半の調整は軽いものになるとのことです。
この経験則によれば、今年の年後半の調整は軽いものになるのではないかとの見立て。確かにそういう傾向は見てとれるのかなぁ。

どうなるか。