なぜリスクオフで円高なのか

浜口です。

今日経モーニングサテライトで、 SMBC信託銀行の尾河さんコメントされてますね。なぜリスクオフになると円高になるのか。よく整理されているロジック。備忘録入りだろうな。

6EE71E5C-ED52-4EA4-ACE3-76181B5171F1

日本は経常黒字国かつ金融収支赤字国。貿易で巨額の外貨を稼いでおり、その外貨は巡り巡って、海外で運用されている。

リスクオフが起きると、海外で運用されている資産を一旦キャッシュ化する動きが起こり、円買い重要から円高になり得る。

テレビでの説明はここまででした。実際にはこの状況を投機家が格好の円高材料と受け止め、早い者勝ち、とりあえずの円買いに走る。こんな所か。

これは説明しやすいし、伝えやすいな。参考にさせてもらいます。

米貿易関税アップは、同時に米法人増税?

浜口です。

先ほど日経モーニングサテライトで、双日総研の吉崎さんがコメントされていましたね。

アメリカが貿易関税をアップさせた場合。これを払うのは個人であり法人。受け取るのは政府と。

という事は法人に関して言えば、足元ではドラスティックな法人減税が決定されているが、貿易関税が上昇するとこちらは増税寄与することになる。個人に対してはシンプルに消費増税。こういう理解で正しいんでしょうね。

アメリカ経済の中で、個人消費が占める比率は70%位だから、影響は小さくはないんだろうなぁ。

なんだか…特にアメリカの貿易増税と法人減税のセットについては、トータルでどのくらいのメリットになるんだろうかならないんだろうか。まぁデメリットになるとは考えづらいが。

なんだか不透明。現状では。まぁそのうち見えてくるんでしょうが。

とりとめがなくなりました。この辺で。

米関税、報復の連鎖と。

浜口です。

これは今日の日経朝刊の総合2面。黄色マーカー部分が本当にそうなると、ちょっと怖いなぁ。

BF2B7216-9E16-4061-9681-4215800E13DF

中国のアクションが早い。これまでの中国は、こういう時は玉虫色、問題解決を先送り、うやむやにしていた感が強いけど。習近平政権になって、中国は変わったなぁ。そんな印象が強い。その辺、トランプ大統領も誤算だったんじゃないかなぁ。

まぁそうはいっても、これから 11月の中間選挙に向けて、落としどころを探るんだろうが。トランプ大統領も習近平にここまで決定させて。これまでの話はなかったことにというのは、さすがに通らないようにも思うが・・・でも本件の実施は7月 6日から段階的にという話なので、そのうち交渉がなされトーンダウンとなる可能性もあるのかもしれないが。

どうなるか。

NASDAQが連日新高値

浜口です。

NASDAQが上に抜けてきた。静かに、連日、新高値ですね。このグラフは昨日の終値が入っていないが。

BAD57107-CDDD-436E-AF40-4EF18C74831C

政治リスクとか、色々と喧伝されているが。これが現実。
「相場は相場に聞け」と言う格言が頭をよぎる。

この状況では日本株も。弱気になる必要はないと現状、思いますけどね。どうなるか。

角山智さんの著書。株式投資の奥義は勝ち逃げにあり

浜口です。

IMG_2289
これは以前、投資日記ステーションでブログを書かれていた角山智さんの著書「『敵』と『自分』を正しく知れば、1勝1敗でも儲かる株式投資」を、少し前に読みました。参考になる点が多かったですね。

前書きで目を引いたのは、「第4章から第6章にかけてが本書の売りです」と書いてあるところ。著者自ら本のポイントはここで、逆に言えばそこ以外の部分についてはそれほど…と記す例は珍しいよな。

この中で、特に第6章の株式投資の奥義は勝ち逃げにありは、感動しました。20年にわたる筆者の実体験をもとにとの副題がついていて、 1999年のITバブルでは勝ち逃げできず、 2006年の新興市場暴落は乗り切ったもののリーマンショックで配当生活の夢は打ち砕かれながら、さまざまに学んだ教訓がリアルに書かれている。

全体として、話の展開がとてもリアル。ご自身の経験や運用成績をそのまま掲載されてる。ゆえに説得力がある。良著だと思いましたね。

銀行株は買えるのか?

浜口です。

今日の日経一面、銀行に迫る「不良資産問題」
店舗・設備に減損リスク
は、厳しい内容。以前銀行に居た当方からすれば、胸が締め付けられるような記事でしたね。

曰く。「固定電話が携帯電話に置き換わったように銀行の決済システムがフィンテックに押しやられるシナリオも捨てきれない」と。これは筆者の推測だが、記者の方は本当は、「固定電話が携帯電話に置き換わったように、銀行支店は個人スマホに置き換わる」と書きたかったんじゃなかったのかな。

う~む。一見すると銀行株、特に地銀は投資チャンスなし、斜陽かとも思えるが。対照的にこんな見方も。

IMG_2281
SMBC日興証券のシニアアナリスト中村さんの見方。レポートには、「マイナス金利を織り込む動きを踏まえた場合、銀行株、特に流動性の高い地銀のアウトパフォームが大きくなる可能性が高い」との記載も。興味ある方は、当レポートを詳しく見てください。

銀行株の見方、強弱、分かれてるな。バリュエーション面で割安なのは良くわかるが・・・どうなるか。

新興国通貨の下落傾向

浜口です。

これは 5月14日付、三菱UFJモルガンスタンレー証券の藤戸さんのレポートの中のグラフ。米国10年債利回りの上昇に逆相関するかたちで、新興国通貨が下落している。と言うより今回は、ドル独歩高なんですよね。そうなると他国通貨は必然的に安くなることになる。円も安くなってはいるが、それ以上に新興国通貨の下落が大きいと言う事ですね。
どのあたりで踏みとどまるのか。ちょっと気にはなりますね。
D5B44B97-CFE5-4A50-AF70-1D218CAF8DBB

アメリカの利上げは当然、新興国の利上げ材料にもなる。例えばアメリカが0.25%利上げをすると、新興国は0.5%近く利上げをする。そんなかたちで通貨防衛、というと大げさですね。通貨の安定化を図っていくことになるのかな。

一方で日銀は当面金利を上げていかない。先般、日銀の黒田総裁から、 2%のインフレ目標達成するために、期間を設定しないとアナウンスがあった通り。となると為替は、ドル高円安方向と言うことになるのかな。当面は。

2019年3月期は減益見通しと言うが…

浜口です。

国内の3月決算企業の発表が峠を越しつつある。最近、よく聞かれる質問がある。 2019年3月期は減益見通しなんですね。株価は大丈夫でしょうかと。

F95FFD66-E783-4BDE-A42D-C1D3643527F9
でも。これはデジャヴ。確か1年前も、こんな感じだったんですよね。 昨年の決算発表のときには、今期は3%から4%の減益見通しだった。しかし終わってみたら、写真の通り、大幅増益。
要は企業の経営者が恥をかきたくないから、業績見通しを控えめにする。で、胸を張って増額修正するなり、増益の決算発表する。今年もこんな展開になるんじゃないかな。
あと今期の企業業績の前提になる為替レートは、ドル円で105円程度が中心のようですね。これも頭の片隅に置いておきたい

ちなみにアナリストによる2019年3月期の業績見通しは、現状で 5%から10%弱の増益のようです。ご参考まで。

外人投資家は日本株を買い戻し中?

浜口です。

今朝の日経モーニングサテライトで、東海東京調査センターの仙谷さんがコメントされてますね。ここもと、外人投資家は日本株を買い戻し中と。

7AE476E8-2CC9-498D-96C3-5256647C9774

外人投資家の買い戻し期待、それに伴う日経平均に対する寄与度。でもコメントしている内容に沿った展開と理解して良いのかな。

今日の日経新聞マーケット総合2面に「海外投資家・株売り越し 4月第4週、5週ぶり」という見出しの小さな記事がありますが、これは現物だけの話。先物も含めると、仙谷さんが説明されているフリップの通りになる。

この状況が継続すれば、日本株も堅調な動きが期待できるんじゃないかな。しばらくは。

高水準な騰落レシオに対し割安なPER

浜口です。
モーニングサテライトで野村の若生さんがコメントされてますよね。日本株の現状を整理してくれています。

C0D39F9E-0C38-4840-BE73-0F7882F3F52F
AC7F180F-E9C3-47A8-9D65-B1F38AF56185

騰落レシオは120を超えてきて、高い水準になってきた。一方でPERでは未だ割安な水準にあり、上値が期待できそうと。市場に対する強悪材料が併存していると。

まぁ… 2月3月と続落した後の騰落レシオの上昇ですから…高い水準に張り付いたまま、 PERの水準が割安から脱却する。こんな展開かなぁとは思うんですが。

まぁこの見方はポジショントークですんで、話半分で。皆さん良いゴールデンウィークを。