【コメント返信】日本株のバリュエーション

kerogaso様から早速、以下のコメントをいただきましたので、「ジャスト回答」にはなってないのかもしれませんが、お答えします。・・・

kerogaso様:日本株のIBES予測PERは16くらいで韓国株より高いと思いますが、PBRは低いわけで、投資家がどの程度バリューに注目するかが気になります。個人投資家はある程度注目しているように思いますが、外国人も含めた機関投資家の皆様はどのような感じか教えていただけると幸いです。

浜口:「外国人も含めた機関投資家の皆様はどのような感じか」と言う質問は、回答が難しいのです。だって日本株に強気な人も弱気な人もいますから。
このような中、比較的日本株に強気な向きのコンセンサスについては、下記したあたりではないかと考えます。

現在の日本株のバリュエーションの低さは、①主にサブプライム問題に伴う世界株式市場のショック安再現懸念の反映(これらに起因するリスクプレミアムの上昇)、および②かかる不安に起因し、一部の資金が株からより安全性が高い債券へ逃避した、いわゆるFlight to quarity(質への逃避)現象の結果・・・・これで相当程度、説明がつくのではないでしょうか?(弱気な向きは、加えて米国の景気後退懸念を言うのでしょうね)。

何度も「ポスト・サブプライム」(サブプライム後)という言葉を用いて説明していますが、いずれかのタイミングでサブプライム問題が後退した暁には、不透明感の払拭、Flight to quarity(質への逃避)現象の巻き戻し(もしくは巻き戻し期待)などから、世界の株式市場がより安定し、日本株のバリュエーションの低さ、割安さが再評価されることになる・・・こんなあたりではないでしょうか?

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. バラと水割り says:

    浜口先生、こんにちは。
    割安度をPBRで測定すれば、もう十分割安ですが、相場が反応しませんね。
    日経平均の月足を、90年代初頭までさかのぼってみてみますと、07年7月からの下落波動は、それほど大きいものではないですね。ITバブル崩壊のときの下げは経験していませんが、値幅的に比較すると、まだまだ下げてもおかしくないような気がします。
    自分は、エリオット信奉者ではないですが、今の状態は、素人が見たところ下落波動の第一波に見えます。(A波)第一波だけで下げ止まることもあるでしょうが、なんとなく不気味な感じがします。
    何より値幅についてが気になります。18000から、14000の値幅は、過去の下げ相場と比較して、小さすぎるように思うのですが、その点先生はどうお感じになりますか?日経平均8000円からの上昇の、2分の1押しや、3分の2押しの水準は、まだ下にあります。この点も不安要素に感じます。
    主にチャートから見た不安要素ですが、先生はどうお考えですか?日経10000程度まで、押せば、それこそ農耕民族銘柄は、間違いなく火を噴くのでしょうが、今のところ、相場がPBRの割安さに反応しないので、心配しています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)