【公的対応が必要】ルービン・サマーズ元財務長官の見解

浜口です。前回に引き続き、サブプライム疫病に対する対症療法の話。

クリントン大統領時代のルービン・サマーズ元財務長官も、ことここに至っては、
公的対応が必要と認識しているようですね。

金融収縮は未知の水域

世論が高まっているが、さあ、どういう展開となるのか???想像以上にシケた対応で、裏目に出るのも怖いが・・この可能性は低いとは思うが・・・

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 匿名希望 says:

    3ヶ月ぶりの投稿です。例のごとく会社四季報で「同じ月を見ている」ニューヨークの投資家の動向を確認したのですが、今回はポジションをほとんど動かしていないですね、前回は大幅に変えていましたが(CD-ROMを購入していないため作業が大変でした(笑))。浜口さんは同じファンドマネジャーとして、この辺りの動きにつき、どうお考えですか。差し支えない程度で意見をいただければありがたいです。(世の中、悲観論が多いですが、2003年に酷似していませんか。何か「コツン」(例えば米国が公的資金を注入すると表明するとか(ブッシュ大統領はしないか?))とするキッカケさえあれば反発すると思うんですが…。考え方が甘いですかね?でも私は諦めませんよ(再笑))

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)