【コメント返信】景気循環を乱す要因

浜口です。山師さんから、以下の質問をいただきました。コメントします。

>黄金サイクルの元になる景気循環というのは、どのような場合に乱されるのでしょうか?
>先生は著書の中では、大地震を挙げられておられますが、例えば、世界大戦や中東戦争
>の時などは、どうだったのでしょうか?差し支えなければ、教えていただけないでしょうか?

拙著で書いている黄金サイクルとは、設備投資循環と建設投資循環がともに
右肩上がりの時期のことを指します。第一のサイクルはいざなぎ景気にかけて、第二のサイクルは
平成景気にかけて発生しています。

以上は戦後の話なので、阻害要因として世界大戦は当てはまりません。また中東戦争の時期は1973年以降であり、当サイクルの上向き局面からはずれる時期なので、これも当てはまりません。

設備投資循環と建設投資循環がともに右肩上がりになるような景気循環を乱す要因としては、
第二の関東大震災以外に、海外発の世界同時不況が考えられます。

リスクシナリオになりますが、サブプライム問題による米国のマイナス成長と、新興国の景気減速が同時に起こるようなケースのイメージですかね。

現状では、そこまではいってないでしょう。IMFによる1月末の調査では、サブプライムによる下方修正があったとはいえ、2008年米国経済は1.8%の成長、新興国は6.9%の成長が見込まれています。まだ下方修正はあるかもしれませんが、世界同時不況というには遠い状況です。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 早速教えていただき、ありがとうございます。
    >以上は戦後の話なので、阻害要因として世界大戦は当てはまりません。
    戦前にまで遡って、設備投資循環と建設投資循環を調べられる方法は無いのでしょうか?
    もし、あれば、自分で調べてみたいのですが。
    巷では経済に対する悲観的な見方が色々と出ていますが、(バブル崩壊後、ずっとそうでしたが)先生は楽観的見方をされておられるようなので、ちょっと訊きづらかったですが。(笑)
    私には当然どうなるかは判りませんが、ある程度そのような心積もりもしておこうと思い、質問させていただきました。
    ちょっと場違いかな、と気が引けますが、よろしくお願いします。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)