恐慌前夜

浜口です。恐慌前夜(副島隆彦著 祥伝社)を買いました。最近相当売れてる本のようですね。

内容は、タイトルから推定できる通り。米国はGSEを救済しないために世界的に経済恐慌に発展といった趣旨が目玉のようです。

当方、この内容に注目したわけでは決してない。この手の本は、読むにしても立ち読みで済ますことが多いんです。が、この本にはなんと、「巻末付録・恐慌に強い超安値の建設株と水処理企業の一覧」ということで、恐慌シナリオが書かれているにもかかわらず推奨銘柄が載っている(!) しかも「付録」で(笑)。この付録にいたく興味を惹かれた次第。

建設株については、飛島建設・熊谷組他10銘柄近くが載っています。両銘柄については、何があってもつぶれないと書かれています。「何があってもつぶれない」その根拠を知りたかったんだけどな。そこまでは踏み込まれていなかった。まあ付録扱いですからね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 副島氏は日経平均4000円ドル円が30円(この本では書いていませんが)
    シティやモルガンスタンレーは破綻と書いていますが、浜口さんの考えをぜひお聞きしたいです
    副島氏は経済予測は外さないと豪語しています

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)