【夕凪さんへ】来年度から公的年金は売り主体???

みなさん、夕凪さん、こんちは。浜口です。

夕凪さんが 年金基金(GPIF)の買いタイミングの中で以下のことを書かれていますよね。

『信託銀行の買いがいつまで続くかですが、「マイナス分はGPIFの積立金を取り崩して対応しなければならない」「来年度から公的年金は売り主体となる」ということで、今年の3月までのようです。』

夕凪さん、当方、この「来年度公的年金が売り主体になる」点について「???」であることを、エンジュクの忘年会でお話させていただきましたよね。この点について、念のためかつての同僚で現役公的年金FMの話を聞いてきましたのでご報告します。要旨は以下のとおり、結論はやはり「???」でした。

1.来年以降の公的年金の配分はまだ決まっていないし、仮に決まっていてもそれを事前に業界紙に話すことはあり得ない(本件は緘口令が敷かれている)。

2.「来年度から公的年金は売り主体となる」というのは、「相場が上がってくると売り主体となる。相場が下がったら逆に時価ベースの比率を維持するため、買い主体となる」ということに関し、相場が上がった場合のケースのことが取り上げられているのでは?

3.今年、GPIFはリーマンショック以降、割安感から日本株の組み入れを確かに増やしている。相場下落で株価が割安になったことが背景だが、これを株価が上昇しないうちに「売り主体」となる(=アセットアロケーションで株を減らす)状況は考えづらい

4.年金は公的でも私的でも定期的に資金流入があるので、アセットアロケーションの修正がなければ自動的に2009年もわずかな買い越しになる可能性が高い。

**この記事については、業界紙の推定ベースで記事が書かれている部分がある気がしてならないとの判断です。ご参考まで。悪しからず。

結局のところ、信託は相場が上がれば売り越し、横ばいもしくは下がれば買い越しになる可能性が高いと考えます。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. こんばんは。
    401Kプランに加入していますが、酷い運用でみな株から預金や国債に逃げています。相当の売り圧力がこれからくると思います。意外なのが、ゴールドを買う人が増えていることです。企業年金は相当の売り圧力が来ると思います。

  2. そりゃ素人さんは自分の年金が 30%とか減ってたらパニックになりますよね?

  3. こんばんは。
    >「来年度から公的年金は売り主体となる」
    夕凪さんの記事を読んだとき、団塊の世代のリタイアで、年金がネットで流出過多になるのは、しごくまっとうな流れだからなぁ、などと首肯してましたが、そういう文脈なのではないですか?

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)