株式市場底打ちの条件

浜口です。あけましておめでとうございます。

今年はどうなるか。まあ新年ですし(?)、株式市場底打ちの条件を再考してみたいと思います。ポイントは以下の3つ。

1.株式のバリュエーション
2.金融システムの安定
3.実体経済・景気の底打ち

このうち1の株式のバリュエーションはすでに割安でOK。
2の金融システムの安定については、米国で社債と国債のスプレッドが開いたままだったり、ABSやCDOの市場がまだダメだったりしてますが、インターバンク短期金融市場は機能不全が解消されてますし、最悪期は脱し徐々に正常化に向かうものと判断。

ただし3の実体経済・景気の底打ち、これについては・・・・足元で悪化中。これがダメ。この部分がいつ直るか。
2009年の中ばか、年後半に持ち越しか・・・一方で株価は景気の半年先行するというが・・・

年末のふりーパパさんの3つの相場シナリオ、参考にさせてもらいました。シナリオアプローチの点からは、私の見方はふりーパパさんのシナリオに近いところ、もしくはもう少し強気といったところです(意外と弱気ではないんですね(笑))。

今年もよろしくお願いします。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. こんにちは。
    僕は東証一部の電機メーカに勤務していますが、昨年の後半は僕の担当部門では常識では考えられない酷い状態になっています。近年で酷かったのが1998年。そのときの株価は250円くらい。今は500円くらい。底抜けがあると思ってます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)