トリプルメリット

浜口です。現在あまた存在するエコノミストの中で、最も強気な見方をしている部類に入ると思われる意見を紹介します。景気循環論分析の第一人者、嶋中雄二三菱UFJ証券景気循環研究所長です。

三菱UFJ証券HPに掲載の「嶋中雄二の景気サイクル最前線」2008年12月22日付レポートの中で、日本株の動揺は09年1-3月まで続くが、時間の問題で、「金融相場」「不景気の株高」現象が眼前に展開されるとしています。現在は1987年のブラックマンデー後のトリプルメリット(円高・金利低下・原油安)の条件まで揃っているとのこと。

ちなみに当方、嶋中氏のご意見は、1980年代、氏が三和総研にいらした時代から参考にさせていただいてます。当然ですが、こんな強気は初めてです。

私の意見??80年代のトリプルメリットと今回とで大きく違う点は、当時は低金利でかつ金余り、お金が大量に動いていたところ。今回は低金利ながら、現状お金の流れは超低調ですからね。氏のシナリオ実現については、この点が今後どうなるかがポイントでしょうかね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 氏の大きな誤りは原油安と読んでいる点です。余ったお金は大量に印刷された株券や債権には向かわず、商品に向かいます。現実時に金は900ドルを超えましたし、穀物や原油も底堅く上がってきています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)