世界恐慌の時の成長率・失業率

2月21日の日経ヴェリタスで、日興シティグループ証券ストラテジスト藤田勉氏が世界経済の危機は本当に100年に一度なのかという趣旨の文章を寄稿してましたね。注目点は以下の数値。

1. 米国の経済成長率で見ると、1932年はマイナス13%であるのに対し、09年の米経済成長率はマイナス2.3%。

2. 米国の失業率は09年は8.6%、10年は9.3%と予想しているが、1933年はピークで24.9%だった。失業率が10%に上昇しても、歴代のワースト10にも入らない。

3. 少なくとも現状では、「100年に一度の危機」と断言できるデータは見当たらないとしています。

そして『「100年に一度の危機」と大騒ぎしている人が周りにいたら、以上の数値を理解しているか問うて見るべき。理解したうえで騒いでいるなら、その人の意見は大いに聞くに値する』といった趣旨のことを言っています。実際、そのとおりと思います。

2009年の予測値は藤田氏によるものなんでしょうが、確かにデータ上は、世界恐慌とは大幅な開きがありますね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 時間軸が違う気が、、、大恐慌は1929からです1932はすでに3年たってます、現在は仮に2007年8月から始まったとしてもまだ半分程度の期間しかたってないです、もう1-2年が勝負どこと言えるのでは?

  2. よしのり says:

    GDP、失業率などの数字を恐慌時代と比較すると、今現在の経済状態が、100年に1度の経済的危機状態と言うことはできません。
    問題は、今後どうなるかぁ?
    株価は景気に10ヶ月前後、先行すると言われています。
    これは、過去の統計から分析することができることで、予測ではなくて事実です。
    つまり、株価を見ることで、今後の経済状態を予測することができなくても、おおよそのトレンドをつかむことができるということです
    今回の暴落相場が過去の値動きどうり、景気に10ヶ月前後先行するかは分かりません。
    ただ、わかることは、その可能性が高いこと。
    そして、10ヶ月と言う数字が違っても、先行するという事実は、かなりの確率で現実化するということ。
    今現在の、GDP、失業率などを見ると、世界恐慌とは言えるものではありません。
    ただ、景気に先行する株価が暴落している事実を分析すると、恐慌に近づいている可能性が高いです。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)