相場も底打ちか?

浜口です。株式市場の潮目が変わったと考えます。相場は底打ちした可能性が高く、当面はまだ不安定でしょうが、徐々に底値圏から脱出する動きになっていると考えます。

そう考える理由ですが、前回書きました景気底打ちの可能性とともに、市場が悪材料に反応しづらくなっていることがあります。一例ですが:

3月31日、GM新トップのヘンダーソン社長はいきなり、GMが連邦破産法11条適用申請を視野に入れていることに言及しました。が、このネガティブインパクトによる市場株価下落は2日で終了、4月3日には日米とも、ここもとの高値をクリヤーしている。この点を重視します。

景気敏感の大型株が戻りを先導するのかな?

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. いつも貴重な情報をありがとうございます。
     貸借倍率の1倍割れで
    (1)アメリカ市場での株価が底堅い
    (2)ドル円相場で1ドル100円にタッチする
    (3)誰も想定していなかった危機ミサイルが落ちてこない(テロとか大地震とか、原発事故など。GM破綻や金融機関破綻は、すでに皆が知っていることなので危険ミサイルとは考えていません^^;)
     という条件がそろえば日本の株式市場でも信用売り残の大きな大型株(輸出関連と金融株など)で踏み上げ相場が起きると皮算用していました。(1)と(2)の条件が整ったので、踏み上げロケットは第3段目のロケットに無事点火できそうな気配です。
     (3)だけはいつ起こるか分かりませんが(苦笑)
     大型株で儲けた資金が、蚊帳の外だった中小型株にも降り注いできて、特に出来高の小さなテーマ株は踏み上げ相場の後に大きく値上がりして、日本株全体の底離れが進んでいくと、大いに期待したいと思っております^^;

石川臨太郎 にコメントする コメントをキャンセル

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)