【中国】経済成長と株価上昇がリンク??

先般紹介した「中国株投資の王道」をかなり読み進めました。なかなか示唆に富んでましたね。

当方がかねがね心配している点。中国経済が成長していくのは当確としても、それを受けてきちんと株価が上昇するのか。具体的には、2001~2005年は中国の経済成長率は安定的に10%前後で推移しましたが、この間中国株は50%近く値下がりした状況、このようなことはもうないのか?これに対する回答が、明確に書かれています。以下、本の趣旨を紹介します。

1. 国有株の放出に伴う需給悪化問題については、2005年に、中国証券監督管理委員会が、打開策を打ち出した。流通株を保有する一般株主に対して、政府保有株の放出による株価下落分に見合うボーナスの支給(株券で)を基本とする。これを受け、2006年夏の中国石油化工集団の政府保有株放出では、一般投資家が保有する流通株10株に対し、非流通株2.8株が無償で割り当てられた。この打開策・計画が前向きに受け止められたことが、2006~2007年の中国株大幅上昇につながった。

2. 中国A株のPERは、2001年が48.3倍であるのに対し、2005年は18.42倍。2001~2005年の株価下落は、2001年時点では期待感から高くなりすぎていたPERバブルが剥げ落ちた、その修正が主因。つまり2005年、PERが国際水準まで修正された市場では、既に悲観的な要素は解消されており、今後は株価に、企業収益の伸びがきちんと反映される可能性が高い。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. キズキ says:

    いつも楽しく拝見しております。
    私はそもそも10%程度の経済成長という数字そのものを疑っているので、中国経済には懐疑的です。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)