景気・株式はV字型回復⇒巡航速度か?

浜口です。

景気・株式市場の2番底を言う人がいますが、現状ではそうなるとは思われない。世界の景気・株式市場はこれまで、リーマンショック後の急落以降、V字型回復をしてきた。それが今後は、巡航速度に落ち着くのかなと、これをメインシナリオと考えます。

米国経済は、2009年1-3月期が大底、その後V字型急回復をしたが、車の支援とか住宅減税の打ち切りなどで巡航速度に落ち着く。リスクは欧州・・・・こんなイメージ。GDP成長率2~3%かな。当面は。

株価は、NYダウは2008年に大きく下落した後70%近く上昇。リーマンショック前の水準近くを一時回復したあと、もたついている。

一方で日経平均はというと、リーマンショック前の水準が12000円前後だが、7000円まで下落し戻りのピークは11000円ぐらい。その後もたついている。ここまでは、パフォーマンスがNY株に劣後している。

V字型回復⇒巡航速度の場合、株式市場は経験則では、全面高⇒個別銘柄・特定業種選別の展開となる。当面はオーソドックスに、海外、特にアジアの市場の成長を取り込むことが出来る銘柄に期待したいところか。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 石川臨太郎 says:

    親の介護のために忙しいドンパチ投資を行う余流が無かったために、相場を気にしなくても済むような資産価値の高い企業へ資金を移していたのが幸いで、6月以降の株価の大きな反落の影響は受けましたが、何とか無事に子供としての勤めを果たすことができました。
     今後東京に出かけるとき、浜口さんが県外に出張に出ておられなければ、お目にかかって相場談義でもさせていただけるとうれしいです。
     日本ではバリュー投資家が壊滅状態になっているような状況ですが、実際の運用成績で考えると農耕民族型の忙しくない株式投資は充分機能して資産保全に役に立ていると考えております。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)