美祢線バス代行

浜口です。せつない話。

山口は長門市に行ってきました。山陰本線で下関―長門市と乗った後、宿泊先がある長門湯元に向かうJR美祢線が、バス代行輸送を実施してましたね。さきの山口を襲った豪雨のつめ跡が、まだ残ってる。

JR西日本によれば「美祢線厚狭駅から長門市駅間については、7月12日からの大雨により、厚狭川の橋梁流失などが発生したため、不通となっています。美祢線の復旧については、相当の期間を要すると見込まれることから、7月21日の朝より厚狭駅~長門市駅間の貸切バス代行を実施しています」と。またJR西日本広島支社によれば、「美祢線は復旧には1年以上かかる」と。

代行バスに乗った。行き先表示板には大きく「鉄道代行」の4文字が示されている。長門市―長門湯元間を往復したが、行きは18:00ごろ10名ぐらいの高校生が、帰りは9:00ごろに6名程度の年配女性観光客が主に同乗してました。車両一両で十分な人数ですね。

101023_0855

美祢線の踏切り。「使用中止」の赤字4文字がなんとも。。。バスの行き先表示板「鉄道代行」とおなじ字体、たぶん。
P1000901.JPG
運休して約3ヶ月。レールのオレンジ茶色の錆び具合がなんともせつない。このレール、交換しないでそのまま使えるんだろか?1年後に。

JR西日本の社長は、4月に赤字ローカル線の一部廃止とバス転換を検討、すでに関係自治体に打診している。具体的な路線名は明かしてないというが、中国地方のローカル線廃止候補といえば、三江線、芸備線の一部あたりか。

木次線はたぶん大丈夫。美祢線も大丈夫だとは思うが・・・今回の豪雨の影響がとても心配。
そういえば長門市といえば、安部晋三氏の地盤ですよね。たしか。ここはなんとか、底力を・・・。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 木次線美祢線と、けっこうディープな線乗ってますね。
    広島在住ですが芸備線は大丈夫でしょう。三江線はアウトでしょうが。

  2. 美祢線09月30日復活するみたいです。

  3. hamaguchi says:

    浜口です。佐々木様、ありがとうございました。美祢線、廃止、免れたんですね。良いニュースです。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)