2014年度業績見通しが保守的な例。日本郵船。

浜口です。GW,今日で終わりですね。
前回の2014年度の企業業績見通しは、概して保守的との続きを。
ここで書いたような、アナリストの見解の一例を。これはドイツ証券による、日本郵船のレポート。写真の通り。「15年3月期会社計画は保守的過ぎる」と。具体的には下記。
「同社は会社計画の15年3月期(=2014年度)経常利益が市場予想を下回る700億円とされたことが嫌気され、決算発表後に株価は下落した。(中略)当社はこの会社計画は保守的過ぎると考え、現在、15年3月期で経常利益を920億円と予想している」と。
yuusennyowaki.JPG
この銘柄については、他アナリストも同様のレポートを書いてる様子ですね。またこの銘柄以外にも、「見通しが保守的過ぎる」と
されている銘柄・レポートが相次いでいる模様。
大雑把なイメージですが、アナリストの現在のコンセンサスは、2014年度の業績見通しは、従来の予想と変わらず10%程度の増益と、当方は考えますけどね。さあ、どうなるか・・・

柳橋式IPO投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 証券会社に携わった経験を経て独自のIPO投資を構築し9年間負けなし、2017年1000万円以上の利益をあげている柳橋式IPO投資法の集大成を期間限定で公開中です。

【9月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「328万円の利益!IPOの当選確率を高める秘訣」
1回目の動画ではIPO投資家の柳橋がIPOの当選確率を高めるノウハウをお話します。 これから続々と登場するIPOに対して、とても効果のあるノウハウですので、 IPOの当選数を増やしたい方は必見の内容です。是非、お役立て下さい。

【9月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー即金規制を利用して3日で50万円の利益をあげた IPOセカンダリー戦略」
2回目の動画ではIPO投資家の柳橋が得意にしているIPOセカンダリーの 戦略の中から証券取引所のルールを利用した投資手法についてお伝えします。 この投資手法を習得することでIPO投資の収益をさらに増やすことが実現できます。

【9月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「業績の上方修正投資で155万円の利益をあげた セカンダリー」
3回目の動画ではIPOセカンダリーの投資手法の中から、 業績の上方修正に注目した投資手法をお伝えします。 この手法を習得することで2回目の動画の手法と 組み合わせて利益を高められますので、是非、役立てて下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 浜口さんは、客観的データから分析するのを
    得意としてらっしゃいますね。
    川崎汽船を、メインにしている者ですが、
    TPPについては、好材料になると思いますか。

  2. hamaguchi says:

    TPPは、多かれ少なかれ、時間の問題で海運株の好材料になると思います。当然、海運の荷動きにプラスの影響をもたらしますから。売り上げ・利益面で、どの程度の上乗せになるのか・・今後が、楽しみですね。

  3. ありがとうございます。
    浜口さんに、The Legend of 1900 のテーマ曲を、
    捧げます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)