大津に出張①急遽、びわ湖大津プリンスホテルに泊まることに

浜口です。トランプ氏に加え、地政学リスクの問題も出てきた。どうなるか…週末ですね。ホテルの話でも。

春のとある土曜日。滋賀県は大津の銀行で勉強会を行った。仕事は午前中でお終い。午後以降はオフなんだが・・・大津の天気予報、この日は雨のち晴れ、翌日も晴れと。
となるとこれは、普段なかなか泊まることがない、びわ湖大津プリンスホテルに泊まる絶好のチャンスではないのか?
そう考えて当方、ホテルの当日予約専門サイトを覗いたら、格安プランの設定で空室があった!よっしゃ!ということで、その場で予約を入れ、泊まってきました。最高だったな。写真を。

ootupurince2
びわ湖大津プリンスホテル。さすがに姿がいいな。琵琶湖のすぐ際に建っている立地の素晴らしさ、わかってもらえると思う。

ootuheya
部屋。ツインのシングルユース。ご覧の通り。広くて良い感じ。お風呂やトイレはともかく、ベッドルームは改装したんだな。素晴らしいって。いい感じ。リゾートホテルのフレーバー溢れるシティーホテル…そんな面持ちかな。

ここのホテルは、普通に泊ると、かなり良いお値段。しかしそれでは客が来ないので、様々な割引プランがある。今回の宿泊は、そのプランの中でも究極の「ミステリー・プラン」。ホテル料金は格安だけれども、どの部屋になるのかは、ホテル側が一方的に決める。ただし当方、このホテルの部屋は全て、琵琶湖に面しているツインかダブルということを理解していたので、とんでもない部屋に収容されるリスクはないと判断(ちなみに一室だけ和室があるが、そこの正規料金は一泊9万円!)。で、案内されたのがこの部屋。最高だったな。

10001358_831667380246696_7760109307700732240_n
ホテルには早めに到着したが、格安プラン故、まだチェックインできない。ゆえにチェックインの時間まで、Top of Outsuという38Fのラウンジで過ごす。ここが実に広々としていて・・・ゆっくりできた。当方にしては珍しく、白ワインの気分に。う〜む。いつもと違う気分。非日常的なムードを感じ、実にリラックス。しかしくどいが・・・ムード、かつての赤坂プリンスのTop of Akasakaを彷彿させた。まあ、それでいいんだけどな。

13110_831717056908395_8374672740904374939_n
夕餉。洋食・中華も選べるが・・当方は和食を選んだ。琵琶湖際のテーブル席にて、松花堂弁当コースを…と、これが期待以上に旨し・・・とにかく、一品一品の味が、実に際立ってる。ちょっとビックリ。これはこれはポジティブサプライズだったな。
お造りの割り醤油とか、天ツユとか、カツオ叩き用のポン酢醤油、メバル旨煮の煮汁に至るまで、全てきれいにいただいた。

プリンス系の高級ホテルゆえ、この和食レストランも、5,000円から1万円台のコースが多い。そんな中、当方の予約した「ミステリー・プラン」についていたのは、2,000円の夕食。う〜む。これは期待できないだろうなぁと思ったが…そんな事は全然なかった。

レストランの方曰く、2,000円の松花堂弁当は、お値打ち値段と。素材の質・量は多少落としてはいますが、料理は基本、他のコースと同じ。作り置きなどしていない。すべての料理を松花堂弁当のかたちにして同時に出すことにより、人件費コスト部分を下げて、格安で出してるんですと。そうなんだ・・・う〜む。これはお得メニューなんだろな。少なくとも、一人で泊まるときはな。旨い食事でも、誰かと話をしながら食べるのならともかく、一人で食べるなら、ゆっくり出過ぎるのは、むしろ時間の無駄であることも。当方こんなケース、これまでに何回も経験してますんでね。これはこれで、合理的で良いと思うな。

oumiouhasiyakei
ホテルの部屋に戻る。部屋から、近江大橋を望む。綺麗だが・・・夜景は写真、上手く撮るの難しいな。次回に続きます。

出張がてら尾道を散策③尾道の空と海。

浜口です。4月の株式市場は外人買いアノマリーが勝るのか、トランプ期待剥落に引きづられるのか。微妙だが・・・と、週末ですね。
出張がてら尾道を散策②割烹「和房まん作」。あと食べログの「観光客ポジション・トーク」には要注意の続きを。

天気に恵まれた!尾道散策に出かけます。写真を。

10905998_774717809274987_9056899207511539230_n
尾道の駅前から、「尾道好きっぷライン」のレトロバスで、出発。なんとも・・・味わいがある。尾道に似合うな。これで千光寺山ロープウエイ乗り場に向かいます。

IMG_2720
千光寺山ロープウエイ。これに乗って3分。ロープウエイの展望台に向かう。

10302103_774728889273879_427932976110769970_n
展望台から、尾道・広島方面を望む。瀬戸内海。尾道水道。素晴らしいな。

kesikiwei
ロープウエイから降りる途中の景色。遠くに見える橋は、しまなみ海道の尾道大橋。きれいだよな。

10801732_774742805939154_2480570348136394483_n
海岸べりを散策。海の色は、エメラルドグリーン。きれいだよな。晴れていれば、尾道の海はこんな色であることが多いらしい。この船の向うで釣りをしている人がいた。尋ねると、この港近くの海岸べりでチヌ、つまり黒鯛が釣れるんだそうな。

onomitiumi
グリーンヒルホテル尾道のそばの海。やっぱり海の色、エメラルドグリーンだよな。

hoterubyu
あらためて、グリーンヒルホテル尾道を望む。立地、いかに尾道水道に近いかが、良くわかる。

10931003_774758499270918_3811164864267900923_n
昼食。この日も尾道ラーメンにした。あまりおなかが空いていないので、今回は小盛りを注文。完食。やはり懐かしいラーメンの味わいがあるな。

尾道は、本当に心安らぐ街だと思う。海、空、湾、行き交う船・・・・良い条件が重なってるんだろな。ここまで眺め・ムードが良い瀬戸内の街を、当方は知らない。ここは瀬戸内の真珠。ほんとにそう思う。また来てみたい。

この前尾道に来た時は、しまなみ海道をサイクリングしてみた。結構アップダウンがきつく、景色はきれいだが閉口した記憶がある。ゆえに今回は、バス・ロープウエイ・散策で尾道を回った。これはこれで良かったな。

帰りは福山まで鈍行で。そこからは山陽新幹線「こだま」で。景色をゆっくり見ようと思ったが・・・歩き疲れた後の缶ビールが効いて、岡山を過ぎるあたりから爆睡。姫路当たりで目が覚めた。

まあいつも出張している路線だし・・・ちょっと寝が出来たので、旅の疲れが取れた。なんだか快適。人生、悪くないな。